Powered by Blogger.
 
2018年2月19日月曜日

2018年2月19日

ななんと、ウォン・カーウァイの『欲望の翼』、文化村ル・シネマで13年ぶりのロードショウ再演!!! ということで、遅ればせながら行ってきました。

これ、わたくしが墓場まで持って行く名作(どうするのか謎)のひとつですが、最初に観たときの状況が凄かったんですよ。どういう状況かというと、尖沙咀側の九龍ホテルの一室、深夜一時。そう、わたくしは映画関係の仕事で香港に入って、インタビュー等の事前インプットのひとつとして観たのが『欲望の翼』だったんですよ。

軽い気持でみはじめたのですが、生い茂った椰子の密林にザビア・クガードの粘るリズムのラテン・オルケスタが流れ、深夜の売店で男と女が出逢い、「1分間の友情」(このくだり、村上春樹の影響が多く指摘されております)という特別な時間が流れていく、というここまででもう、わたくしベッドから飛び起きて、居住まいを正したという記憶アリ。

だってさ、これ観たのは香港のホテルの密室の中。窓から見える、ネイザンロードの夜景と、窓から入るムッとする熱気と湿気に、思わずふらふらと夜道にコーラを買いに出かけそうに(映画の冒頭ね)なったもんです。

当時は、この作品が持つ意味深かつ絵画的な映像美と「叶わない愛」のいくつものエピソードに込められた甘くて重い熱量に、まるで音楽のようにシビれたのですが、あれから幾星霜の今、映画に描かれる男女関係により、深い妄想がわいてもきます。

そう、今回の発見は、ヨディを巡るふたりの恋人たちというよりも、彼を育て、奇妙な精神的枷を彼に与え、ヨディと香港を捨て、初老のアメリカ人恋人と海を渡ろうとする義母、レベッカ。そう、ヨディの悪魔的に人を惹きつける磁力は、義母と彼との間で長いこと培われた、愛と憎しみとそして罪悪感が入り交じった濃厚な感情交流から発せられてる、という事実。「クソババア、バカ息子」とののしり合うが、その本質はお互いを食べてしまいたいほど愛しい、という関係性。あっ、これ、寺山修司の得意分野でもある。

しかし、ヨディ演じるレスリー・チャン。とんでもない名優でしたな。お子ちゃまアイドル顔でとてもセクシーというタイプでないのに、不思議な色気があるんですわ。彼はゲイを公言していましたが、「愛欲」の様々な感情を知っている人ならではの独特な表情と間!!! 仕事じゃなくて、恋愛に生きている男。このタイプ、日本人俳優にいるのだろうか。

まだ、上映中なので、チェックしてみて。

https://www.youtube.com/watch?v=uuC6zkWlmmU&t=52s
Read more...
2018年2月12日月曜日

2018年2月12日

今週木曜日、NHK交響楽団首席指揮者、バーヴォ・ヤルヴィ氏を招いての爆クラ! 。テーマは彼が次回挑む、バーンスタインについて。なので、絶賛インプット中なのですが、ハーバード大学で行った音楽講座のDVDが凄いのなんのって。

特に「20世紀の危機」と題された、マーラー、シェーンベルク、アイヴスなどに言及した回を観まして、調性と無調性音楽についてのもやもやが見事に晴れた。というのならば、たぶんその辺の「よい音楽教師」の分かりやすい講義ってヤツですが、バーンスタインはそれが人間と音楽の関係で何を意味するか?! というところにも言及してくるのですよ。

「我々が本能的に共有する調整の欲求を避け、無調整を保つのは容易ではない」「美的な結果を保証しない不確実性に私たちはついて行けない」「オクターヴをいくつにわけてもいい。でも12はダメ。なぜなら、12のような普遍系は旧体系の郷愁からのがれられないから」ってね!!! で、その崖っぷちでなし得た、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」の境地に至るアナサライズは知的興奮てんこ盛り。

バーンスタイン、ビートルズに関する短いコラムなども的確で本当に、音楽の筋肉強度が高いよねぇ、同時にバーンスタインの楽曲をdigしているのですが、大規模すぎてあまり演奏されない「ミサ曲」が別格に面白いんですよ。

指揮者いや音楽の演奏家にとって「音楽を身体に入れる」ということはどういうことなのか。これ、実は全ての音楽家にとってのキーなのですが、そのとてつもない才能の人。

で、パーヴォ氏とツーショット。手がけたマーラーの7番については・・・・。



Read more...
2018年2月4日日曜日

2018年2月4日

カンパニー松尾監督の新作『劇場版アイドルキャノンボール2017』公開に際しての、対談の2回目がアップされました。前回、テレクラキャノンボールに、フェミ観点から大激怒。その時に監督と対談を行い、当時TCファンを巻き込んで炎上したのですがw、今回の新作によもや、先さまからご指定されるとは!!

しかし、今回は図らずも「男らしさと粋の継承の難しさ」というタイムリーなテーマが浮き彫りになってきて、非常に興味深い作品になっています。

http://www.gentosha.jp/articles/-/9618
Read more...

幻冬舎plusにて記事掲載

カンパニー松尾監督の「劇場版アイドルキャノンボール2017」の対談記事が掲載されています。

記事はコチラから
Read more...
2018年1月29日月曜日

2018年1月29日

なんと、爆クラ! 2/15(木)は、NHK交響楽団首席指揮者、現在世界で大活躍中のバーヴォ・ヤルヴィ氏がゲストで来てくれることとなりました。
テーマは、今年生誕100周年で再注目されている、レナード・バーンスタイン!!  お馴染み、ウェスタサイドストーリーの大魅力、聖と俗の同居、という、その作品の現代性などにも触れていきます。

http://mameromantic.com/?p=56629
Read more...

2/15(木)爆クラ!<第67夜> 「指揮者パーヴォ・ヤルヴィと語る、バーンスタイン・ラヴ!!!」

クラシック音楽の新しい聴き方を提案する、ポストクラブ時代のトーク&リスニングイベント爆クラ! なんと、NHK交響楽団の首席指揮者、パーヴォ·ヤルヴィ氏がゲスト登場です。

予約はこちら↓
http://mameromantic.com/?p=56629

パリ管弦楽団の音楽監督を歴任、ベルリン·フィル、ウィーン·フィル等欧米の名門オーケストラへの客演を重ね、今最も旬な(野球でいうならば、イチローを完封した頃の松坂投手)指揮者であるパーヴォ氏。

現在、NHK交響楽団の首席指揮者として、バーンスタイン生誕100年目に試みるのは、バーンスタイン作曲、ミュージカル、『ウェスト·サイド·ストーリー』<演奏会形式>~シンフォニー·コンサート版~(3月4日と6日にBunkamuraオーチャードホールにて披露)。そう、作曲家自身の手で編曲された『シンフォニック·ダンス』ではない、というのがミソ。

バーンスタインはカラヤンと並ぶ巨匠指揮者ですが、作曲家としてもとんでもない才能の持ち主でした。それはもう、『トゥナイト』をはじめとして、ポップス界のスタンードチューンを何曲も生んだWSS(ウェスト·サイド·ストーリー)の結果を見ても明らか、しかし、案外と(というか思った通り)クラシック界の反応は冷ややかで、本人もそれが悩みで、WSSを遠ざけたという話はつとに有名です。

「どこまでがクラシック音楽なの?」とこれ、DJ/ 音楽プロデューサー大沢伸一さんが前回の爆クラ! で発した問いでした。バーンスタインは、クラシック音楽と大衆音楽の狭間で悩みましたが、今回、あえてプロードウェイ·スコアに挑む、クラシックど真ん中の俊才に、そこのところを是非聞いてみたい。(我が父·湯山昭というこれまた、キャッチーなメロディと和声センスに溢れたが故にそのアンビバレンツはよく知っているわけでして)

実はわたくし湯山は、この年越しにベルリンに出向き、バーンスタイン楽曲と現実のオケとの衝撃とも言える現場を経験してしまいました。それは、サイモン·ラトルが指揮する大晦日のベルリン·フィル、ジルベスターコンサートでの出来事。もうもうとてつもない音楽境地を見せつけてくれた彼らが、どうにもバーンスタインの『オン·ザ·タウンより3つのダンスエピソード』など2曲に関しては「駄目」だったんですよ(マジで)。その原因は曲全篇に存在するはずのジャズのグルーヴ感の欠如、いわゆるノリの悪さ。そう、ジャズの技法とリズム感ありきのバーンスタインの作品は実は、クラシックのオーケストラの最大難曲なのではないか❓!

ジャズだけでなく、テクノワールドミュージック、ありとあらゆる音楽の音響、そして、特にビート、グルーヴ感についてについてグルメになっている私たち現代人の耳と、オーケストラの音のセンスはどう変化し、また変化しない、のか❓! というあたりも、今回、パーヴォ氏と深掘りしていきたいと思います。

あっ、もちろん、 パーヴォ 氏が「尊敬するのは父(名指揮者ネーメ·ヤルヴィ)ともうひとりがバーンスタイン」と最大リスペクトを傾ける パーヴォ 氏が、直接のその指導から感じた天才の素顔、指揮法の極意はもちろん、知りたいところのひとつでございます。


湯山玲子
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

爆クラ!<第67夜> 「指揮者パーヴォ・ヤルヴィと語る、バーンスタイン・ラヴ!!!」

2月15日(木)

door open 19;15�start 20:00
場所 : 晴れたら空に豆まいて【東急東横線代官山駅正面口徒歩2分/東京都渋谷区代官山町20-20 モンシェリー代官山B2 T. 03 5456 8880 F. 03 5456 8881】
http://mameromantic.com/?cat=6
前売り 4000円 / 当日 4500円 + 1D 600円�学生 前売り 2000円 / 学生 当日 2500円 +1D 600円

■ 入場は整理番号順
■ 要別途1ドリンク代金600円
■ 会場は畳敷き(椅子席あり)

メールでのご予約
電話でのご予約
予約はこちらから
http://mameromantic.com/?p=56629


ゲスト
パーヴォ·ヤルヴィ
エストニア出身。 父 は 名 指 揮 者 ネ ー メ· ヤ ル ヴ ィ 。生地 タ リ ン の 音 楽学校で指揮と打楽器を学んだ後、渡米してカーティス音楽院で研鑽を積み、ロサンゼルス·フィルハーモニッ クの指揮者コースではレナード·バーンスタインにも師事した。シンシナティ交響楽団音楽監督(現桂冠音楽監督)、hr交響楽団(フランクフルト放送交響楽団)首席指揮者(現桂冠指揮者) 、パリ管弦楽団音楽監督などを歴任。、ドイツ·カンマーフィルハーモニー管弦楽団芸術監督、エストニア国立交響楽団の芸 術顧問を兼任、エストニア南海岸で毎年7月に開催されるパルヌ音楽祭とヤルヴィ·アカデミーの芸術顧問も務 めている。また、ベルリン·フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン·フィルハーモニー管弦楽団、ロイヤル·コンセルト ヘボウ管弦楽団をはじめとする欧米の名門オーケストラへの客演を重ねるなど、現代を代表する指揮者として世 界を股にかけて活躍している。2 0 1 5 年 9 月 に NHK交響楽団響 の 首 席 指 揮 者 に 就 任


主宰·ナビゲーター
湯山玲子
ゆやまれいこ
著述家、プロデューサー。現場主義をモットーに、クラブカルチャー、映画、音楽、食、ファッション等、博覧強記にセンスが加わった独特の視点にはファンが多い。 NHK『ごごナマ』、MXテレビ『ばらいろダンディー』レギュラー、TBS『情報7daysニュースキャスター』などにコメンテーターとしても出演。著作に『女ひとり寿司』 ( 幻冬舍文庫 ) 、 『クラブカルチャー ! 』( 毎日新聞出版局 ) 『女装する女』 ( 新潮新書) 、『四十路越え ! 』( 角川文庫 ) 、上野千鶴子との対談集「快楽上等 ! 3.11 以降の生き方」 ( 幻冬舎) 。『文化系女子という生き方』 ( 大和書房)、『男をこじらせる前に』(kadikawa文庫) 等。ク日本大学藝術学部文芸学科非常勤講師。(有)ホウ71取締約。クラシック音楽の新しい聴き方を提案する爆クラ! 主宰。父は作曲家の湯山昭。
Read more...
2018年1月28日日曜日

2018年1月28日

和田アキ子さん、芸能生活50周年ということで、各年代のグラミー賞受賞曲をカヴァーしたアルバム、WADASOUL COVERS ~Award Songs Collection2018がこの度リリースされたが、一曲目『Up Town Fnk』を聴いてびっくり返ってしまったわたくし。和田アキ子さん、歌のうまさには定評がある方だが、こういう、歌の解釈、いや作曲者さえ考えていなかったようなニュアンスを引き出せる人だっとは!!!

この曲、現在、ファンクのエヴァンジェリスタ的存在マーク・ロンソン、ブルーノ・マーズがヒットさせ、すでにいろんなカヴァーが存在するのですが、どれも、ホットで跳ねるアッパービートの元気系。つまり歌詞においては滑舌のいいソリッドな表現がキモとされているのですが、ここでの和田姐さんはダンサブルなバックトラックを尻目に、その熱気はサウナ後の冷水浴並の温度感。

リズムにちょっと遅れる後(あと)ノリでクールに歌い、この元気な若者曲から、それこそ、デルタ・ブルース級の暗い憂鬱感を匂わせているんですよ。(Uptown 歌詞にJackson, Mississippiとあるから、隠喩もバッチリなんですわ)「ハレルヤ」という歌詞のちょっと粘らせた発音など、そういった、彼女のフィーリングが呼び寄せた仕掛けの数々の細かいことといったら!!!

でもって、土曜日の夜、八王子オリンパスホールにコンサートを聴きに行ったのですが、圧巻は何と言っても『あの鐘を鳴らすのはあなた』でしたね。彼女のトークで知ってのですが、この曲、デビュー直後に売れちゃってもんで、持ち曲が少なくてコンサートでは洋楽カヴァーばかりを歌わざるをえなかった彼女に、「それじゃダメだ」というので、阿久悠がコンサートのラストで彼女をイメージして詞を書いて出来上がったというもの。

「あなたに会えて良かった あなたには希望の匂いがする」という歌詞で始まるこの歌、実は歌謡曲に非常に珍しく、ヒューマニズムを歌い上げていることに今更ながらに気がついてしまったのです。そう、この歌詞に浮かび上がってくるのは恋愛ではなく、尊敬。(悲しいがな日本の恋愛アンド性愛事情では、この二つは両立しないんですわ。というか、そういう歌を私は知らない)

とすると「街は今、眠りの中、あの鐘を鳴らすのはあなた」という心象風景にふさわしいのは、もうもう、ヨーロッパ史で言ったら、ジャンヌ・ダルクのオルレアン陥落だし、フランス革命だし。ベートーヴェン第九の「喜びの歌」クラスのデカい人間賛歌と言っても良いんですよ!

阿久悠は、当時のアルバムのライナーで、才能も身体の大きさも度胸もデカくスケールアウトした和田さんに、それまでには皆無だった新しくそして強靭な女性像を見出した、という意のことを書かれている。

そう、この歌詞、解釈すると面白いことに気がつきます。「あなたに会えてよかった」「あなたには希望の匂いがする」と語り、「あの鐘を鳴らすのはあなた」と言い放つ人間は、どうも性別は男、らしい。一見、男に期待を寄せる女の言葉かと思いますが、女の期待はほとんどが「私を幸せにしてくれるはず」というヤツなので、この歌詞のように希望を託ししたりはしない。「希望」という言葉は、ちょっと浮いた感じの日本語で、自分よりも世の中全体のこととか、私利私欲が脱色されたような語感があるんですね。

そうすると、男が男に惚れて「鐘を鳴らしてくれるのはお前だ! 」となりそうなところですが、歌詞は「あの鐘を鳴らすのはあなた」そう、呼称は「あなた」なんですよ。男が男にそういう呼ぴ方はしないので、この「あなた」は女性というイメージが真っ先に飛んでくる。そう、男が仕事上で尊敬する女にあって、その女を応援したい、という気持ちですよね。シンプルには、頑張って上を目指し(これ単純に出世とかじゃないからね)、困難を克服しようとする女のワタシの応援賛歌ですね。今でこそ、小池都知事をはじめとして、いろんな局面でそういう事実を目にしますが、和田さんがソレを歌った当時、そんなことは男女関係や利害関係抜きで、尊敬ゆえに男が女に期待する、などということはありえなかった。フェミニズムはもっと和田アキ子に注目しても良いんじゃないかい?!

加えて、阿久悠は和田さんのスケール感に期待しつつ、「だからこそ世間にウケている、はみ出し方の部分」に注意しろ、という意のアドバイスも記しています。それは、歌でいうと「独自フィーリング=味を定番化するな」という実にシビアなアドバイス。和田さんのあの『Up Town Funk』はまさにそのことの50年後の回答でした。

楽屋挨拶に伺って、いろいろと音楽の感想を述べさせていただいたら、「今度飲みましょう!!」ということになり申した。実現したら、和田さんに歌ってほしい曲たちをCDに焼いていく所存。ベギー・リーの『Fever』、k.d.ラングの『Hush Sweet Lover』、ニール・ヤング『Helpless』、ビートルズの『Golden Slumber』、バート・バカラックの『Look Of Love』とか、パッと思いついただけでいろいろ出てきましたよ。

関係ないけど、和田さん、服のセンスが素晴らしい。手足が長い外人体型はあのカルヴァン・クライン系のシンプルなステージドレスがお似合いだし、驚いたのは、近年増えているサマソニなどのフェスの出演時の衣装。Tシャツ、ダメージジーンズでヒップホップ感を出しているのですが、アクセづかいやパンツの選び方がキマっているので、「見苦しいおばさんの若作り」に全くなっていない!!! どころか、超カッコいい。スタイリストさん、いい仕事しているなあ。

Read more...
 
湯山玲子公式サイト © 2011 DheTemplate.com & Main Blogger . Supported by Makeityourring Diamond Engagement Rings